メニュー

シミの治療

老人性色素斑の治療

老人性色素斑(シミ)とは?

シミとは皮膚の表面の細胞にメラニン色素が沈着する現象です。長期にわたり紫外線にあたることにが主な原因です。シミはレーザー治療により、メラニン色素を持った細胞を破壊することにより、その色が消失します。

ソバカスとは?

発症は3歳ぐらいからで、思春期に最も目立つようになります。色白の人に多く、遺伝的傾向があるとされています。紫外線で色が濃くなります。春夏に濃くなり、冬に薄くなります。
レーザー治療によく反応します。

ADMとは?

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)は、思春期以降に多くは顔の両側性に発症する灰色がかった色素斑です。季節による変動はあまりありません。
色素をもつ細胞が皮膚の深い位置にあるため薬剤では治療ができません。レーザー治療によく反応します。

治療効果は?

残念ながら、すべてのシミがとれるわけではありません。70-80%の方にはかなりの効果がありますが、残りの人は満足のいく効果が得られないことがあります。
すなわち個体差があります。

治療法は?

ALEX LASRTM
使用するレーザーはQ-スイッチアレキサンドライトレーザー(ALEX LASRTM、キャンデラ社製)です。シミを治療するレーザーにはルビー、アレキサンドライト、ヤグの3種類がありますが、このなかでは最もマイルドなものと言われています。しかし治療効果は3種の間でほとんど差がない、とされています。
麻酔は通常必要ありません。ただし大きい病変に照射する場合麻酔のテープを使用することがあります。
またシミの範囲が広い場合、最初部分的に照射し、その反応を約1ヶ月みて、残りの部分照射するのが安全と考えます。

治療費は?

シミのレーザー治療は、保険適応がなく、自費診療となります。およその費用は以下のとおりです。
(令和1年10月1日改定)料金は予告なく変更されることがあります。

初回診療費 3,300円 相談料、診断料
再診料 650円 2度目以降の診察料
直径0.5㎝までのシミ 5,500円  
直径0.7cmまで 8,800円  
直径1㎝まで 13,800円  
直径1.5㎝まで 17,600円  
直径2㎝まで 28,600円  
直径2.5cmまで 35,100円  
直径3cmまで 44,000円  

1ショットは直径3mmです。たとえば直径1㎝のシミを照射するには約27ショット必要です。
小さいシミで発数が少ないときは1発500円で算定します。

治療後の処置は?

照射した部分は軽度のやけどの状態になります。その部分には特殊なテープ(肌色なのでめだちません)をはります。その上からお化粧をすることも可能です。照射後2-4日ぐらいで、シミのあった皮膚は薄くはがれ、5-7日で新しい皮膚が再生します。この期間特殊なテープを貼ることにより、痛みもあまりありません。また、治療後は紫外線を避けるように、極力遮光し日焼け止めなどを使用してください。

治療した後の変化は?

治療後、30-40%の方に一過性に色素沈着がきますが、通常は数ヶ月から半年で消失します。しかし、人により半年以上色素沈着が継続する場合があります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME